SAPIX・ピグマキッズくらぶ評判・クチコミ紹介!

有名校を中心に高い合格実績を誇るSAPIXが提供する小学生向け通信教材「ピグマキッズくらぶ」。ここでは、利用者のクチコミ・評判を紹介。

ここでは、実際に受講されている保護者やお子さまの生声を抜粋掲載していきます。
これから受講を考えている方にとって、運営者側から提供される情報も重要ですが、実際に活用されている保護者やお子さまの声は、やはり情報信頼度の面で、より信憑性が高いと思われます。
「国語はいいけど、算数がダメ!」だとか、「教科書と違いすぎて、わかりづらい!」など、受講する前に、料金や内容、学習サポート体制など、利用している人にしかわからない口コミを活用し、講座選びの参考にしてください。

また、こちらで紹介する利用者の声と共に、友人・知人など身近な声をお聞きになり、受講申し込みされることも併せておすすめします。
同じ学校に通う子や、似たような学力のお子さまが利用した際の感想は、ネットとはまた違った意見が出てくるかもしれません。
本受講前に、それらの口コミや、無料サンプルテキストなどを体験して、より良い学習環境整備にお役立てください。
【以下参照元:サピックス通信教育「ピグマキッズくらぶ」】

サピックス「ピグマキッズくらぶ」評判・クチコミ紹介!

★小学1年生の保護者の方
問題にいろいろな工夫があり、進めていくうちに引き込まれて最後までやるという状況が続いています。
ゲーム感覚で取り組めたページもありました。
国語は学校よりも小さな字で書かなければならないので、少し難しいようですが頑張っています。
★小学1年生の保護者の方
4月に比べるとテキストの問題を解くということに多少は慣れてきたかなと思います。
学童保育からの帰宅が20時前後の日々で、母も生活のリズムを上手く作ってやることができず、やはり学習予定を立てるのに苦労しています。
6月号では、テキスト、ドリルを3分割して、1週間でここまでと目標を立てる、最後の一週は5月号の添削プリントの見直しと6月号の添削プリントの解答にあてるという計画で試してみるつもりです。
★小学1年生の保護者の方
4月号、5月号と比較的張り切って取り組んでいました。
パワードリルは朝学校に行く前にひとりでできますが、ピグマは夜、私か主人に見てもらいながら進めています。問題文を読むことが少し苦手なようです。
夜は眠たくなってしまったり、なかなかはかどらない時も多いのですが、親がついて見てあげられる時間は夜しかないので、この先少し不安ですが、問題が解けたらシールを貼ったり、はんこを押したりして、頑張ってほしいなと思っています。
ピグマのキャラクターたちの名前も覚えて、親しみを持ち始めたようです。
★小学1年生の保護者の方
最初は、問題を読んで理解することに戸惑い、1日分を終えるのに時間がかかっていましたが、5月号の途中からペースが速まり、パワードリルも併せてできるようになりました。
問題の意味がわからず不安になってもロイくんたちがヒントをくれていることに気が付き、私に確認を求める機会も少なくなってきました。
このまま「自分で考えてできた」という経験を積んでいってほしいと思います。
★小学1年生の保護者の方
始めてまだ2か月の息子ですが、問題の面白さにひかれて楽しみながら続けています。
テキストの中のさいころを使った算数の問題や、算数の添削問題の中の「みんなで かおを かこう!」などは、本当に楽しんでいました。
親の私たちから見ても、問題の面白さ、上手さに感心してしまいます。
おかげでママ友達にも説明しやすく、ピグマキッズくらぶの輪が広がり始めました。
息子にとっても「みんなで取り組むと思うと楽しい!」「みんなでやろう! そして同じ中学に行く!」そんな気持ちになったようです。
添削の先生のきれいな字、丁寧なご指導にも感服いたしました。

こちらの記事もよく読まれています